江戸時代の若者にとっても「ムダ毛」は大敵だった!?

江戸時代の若者にとってもムダ毛は大敵だった
日本の伝統文化が最盛期を迎え、絢爛たる花を咲かせたのは、現代から150年ほどさかのぼった江戸時代のこと。
現代の平均寿命は80歳を超えましたから、実はそれほど古い時代というわけではありませんよね。
しかし、激動の明治、大正、昭和を挟んで世相ががらりと変わった今では、当時の日本人がどのように考えたのか、どのように日々の生活を送っていたのかを想像できる方すら少ないでしょう。

当時の若者がムダ毛をどのように捉えていたのかご紹介します。
これを知れば今より少し、江戸時代の日本人を身近に感じられるようになるはずです。

「ムダ毛のないすべすべの肌」=「洗練されたおしゃれ」

ムダ毛のないすべすべの肌洗練されたおしゃれ
「毛抜き」という器具は江戸時代に完成したと言われています。
当時、江戸の町は新しい文化の発信地であり、町人はより洗練されたおしゃれを追求するようになっていました。
ムダ毛を野暮ったいと嫌う傾向はより強くなり、若い男性の多くが日々、ムダ毛処理に長時間を費やすようになったのだとか。
日本のとある歴史作家が、そうした若者について「痛々しく毛抜きの傷跡から血を垂らして」と嘆いたというエピソードがあるほどです。
電気シェーバーもシェービングフォームもなかった江戸時代。
理想を目指して小さな痛みをひたすら我慢していた若者たちの姿を、あなたはどのように感じるのでしょうか。
そして現在、自身の体毛のことで悩まれている方は、医療脱毛という選択肢があります。
脱毛で快適な生活を送ることを検討されてみてはいかがですか?

医療脱毛は大阪梅田中央クリニックへ!
大阪梅田中央クリニックの医療脱毛は最新の医療用レーザー脱毛機器を使用しています。
アトピーやアレルギーがある方にも安心の医療脱毛で、脱毛部位を選べるセットコースもございます。
カウンセリング、施術は完全個室でプライバシーに配慮しており、カウンセリング、ご相談は無料で実施しております。
ぜひお気軽にご相談ください。

https://osaka-chuoh-beauty.com/